”上野東京ライン”は新線開業ではない

 

さて、投稿第1回ということで、今最も熱い注目を集めている路線の一つ、「上野東京ライン」について解説していきたいと思います。

2015年3月14日の全国JRダイヤ改正で、大きな注目を浴びている路線があります。そのひとつが、「北陸新幹線」です。従来「長野新幹線」と呼ばれていた高崎~長野間の路線を金沢に延伸する形で開業しました。同時に、並行在来線である信越本線(長野~直江津)と北陸本線(金沢~直江津)がJRから経営分離され第三セクターへ移管されました。

この開業に関わる一連の路線再編で、乗車率は少し低下しました。新規開業区間はもちろん未乗区間の拡大に寄与しましたが、第三セクターへの移管も、JR線としては廃止になった関係で、相対的に今までの乗車率が下がることとなったのです。そう遠くないうちに私も乗りにいこうと考えていますが、来年に迫る北海道新幹線開業に関わる江差線の経営分離区間の全駅乗下車もあることから、北陸新幹線の具体的な乗車予定はもうしばらく先になりそうです。

さて、北陸新幹線と匹敵するぐらい、首都圏の人々の話題を集めているのが「上野東京ライン」です。計画時には「東北縦貫線」と呼ばれ、もっと早く開業する予定だったのですが、東北地方太平洋沖地震などの影響もあり、2014年度(2015年3月)の開業となりました。

しかし、北陸新幹線とは違って、上野東京ラインは全線乗車にはなんら影響を与えていないのです

山手線と京浜東北線が並行して走っていますが、このどちらかに乗っていれば、乗車率は変わらないのです。というのも、(運行系統ベースや列車ベースではなく)路線ベースで乗車記録をつける基本的な考え方でいくと、山手線と京浜東北線、それに上野東京ラインは同一の路線であるからです。

どういうことかを説明しましょう。

日本の鉄道には、具体的な「路線名」があり、それぞれの路線がどの駅からどの駅までか、明確に決められています。あたりまえかと思うかもしれませんが、実は路線名が決められているのは日本以外に中国、韓国、台湾ぐらいで、その他諸外国では明確には決まっていないことが多いのです(地下鉄や路面電車はどこの国でも名前が決まっていることが多い)。

では、上野東京ラインは何線になるのでしょうか。大前提として、「同じ区間を走る路線には名前は一つしかない」ということがあります。つまり、2つ以上の名前が重複することはないということです。但し例外もあります。

結論から言うと、東京~上野間は、山手線、京浜東北線を含めて、「東北本線」なのです。福島や仙台を経て盛岡まで行く、あの東北本線と同じ路線なのです。また、正式名称でいえば、「山手線」と呼ばれている区間は品川~新宿~田端のみ、「京浜東北線」という路線はそもそもないのです。

東京~神田では、中央本線も並行していますが、これについては重複と見るか見ないか、見解が分かれています(乗りつぶしオンラインでは中央本線ではなく東北本線として扱われています)。また、東北新幹線については、全線乗車の上では別路線として扱うことが一般的です。

同一区間の路線名は一つしかない」ということは、とても重要なので覚えておいてください。

ではなぜ「山手線」や「京浜東北線」そして「上野東京ライン」という名前が使われているかというと、「その方が分かりやすいから」にほかなりません。東京から北へ向かう列車が全て「東北本線」、南へ向かう列車が全て「東海道本線」と案内されていたら、どれに乗ればいいか分からなくなりますよね?正式名称であることが利用者にとって必ずしも分かりやすいとは限らないのです。このように、正式名称はあくまでも業務用としてのみ使用し、別につけられた「愛称」を使う路線は全国に数多くあります。

とはいえ、上野東京ラインの列車に一度でも乗る価値はあると思います。重層高架といって、神田付近で高架線の更に上に作られた高架線から見る景色はまた違ったものであると思います。また、直接は開業と関わりがないのですが、直通先である東海道本線の品川駅も構内配線が大きく変わっています。できれば、品川始発の常磐線直通列車で上野まで乗ってみることをおすすめします。品川付近の車両基地内をのろのろと進んでいく列車は、今しか体験できません(この付近は今後配線が変わります)。

IMG_3092

▲品川駅の折り返し列車用ホームに入線する常磐線列車。

ところで、当ウェブサイトでは「正式名称」ベースでの全線乗車を基本としていますが、より細かく、運行系統ごとに(上の例で言うと「山手線」と「京浜東北線」と「東海道線・東北線」は別のものとして)全線乗車をされている方もいらっしゃいます。どのように乗るかは、個人の自由です。他人に聞かれたとき「私はこういう風に考えています」と、自分も相手も納得できる理由が作れれば、どんな乗り方でもありだと、私は考えています。