江差線・五稜郭~木古内で全駅乗下車してきました。〈旅行前夜〉

以前も少しだけお伝えしたかと思いますが、2015年度内(2016年3月)に、北海道新幹線の新青森~新函館北斗が開業します。 これにより、当面開業する予定のないJR四国以外の5社は、新幹線区間を保有することになります。 さて、ここ十数年程度の例に漏れず、このたびの開業においても、並行在来線が経営分離されることとなります。前も説明しましたが、あまり詳しくない方にもう一度解説しましょう。 新幹線がまだ開業していない現時点でも、青森~函館間では当然鉄道による輸送が行われています。「白鳥」及び「スーパー白鳥」という特急列車が、在来線である以下4線 ・青森~中小国 (津軽線) ・中小国~木古内 (海峡線) ・木古内~五稜郭 (江差線) ・五稜郭~函館 (函館本線) にまたがって運行されています。これら4線の青森~函館間は、通称「津軽海峡線」という愛称で呼ばれています。 当然需要の大きい区間であり、だからこそ新幹線が開業されるのですが、一方で地域輸送、つまり普通列車の需要は、少なすぎるわけではないものの、あまり大きいものでもありません。新幹線を抱えるJRにとっては負担となるという考えです。 今回並行在来線として認定されているのは「江差線・木古内~五稜郭」のみです。これは、まず津軽線に関しては「JR東日本が運営していること(新幹線はJR北海道が開業させる)」、次に海峡線については「青函トンネルを含む区間は新幹線と共用であり、分離が困難であること」、そして函館本線に関しては「新函館北斗~函館を結ぶ連絡列車はJR北海道が運行する上、札幌までの特急列車も継続して乗り入れること」などによります。 そこで、JRの手続きとしては江差線の木古内~五稜郭において一旦「廃止」という形をとり、新たに「地方公共団体・北海道」を中心とした第三セクター会社「道南いさりび鉄道」が廃止と同日中に同区間を開業しなおし、運営するということが既に決定しています(書類上の廃止日は、最終運行日の翌日になる)。 さて、廃止となれば、当然乗りに行かなければなりません。路線自体は何度も何度も乗っているのですが、私の目的は「各駅で降りて乗ること」です。完全な路線廃止とは異なりあくまでも経営移管ですから、駅そのものがなくなることは実際のところはありません。わざわざ降りに行く必要なんてないというのが本当のところです。しかし、駅名標は運行が終わった夜に一晩で律儀に全部架け替えられます。たった数時間でJRだったことはなかったことにされてしまうのです。 ということで、前々から理由は抜きにして経営分離であっても全駅降りています。具体的には、2007年に全駅乗下車を始めて以降、東北新幹線(在来線は八戸~青森)と、去年には北陸新幹線(在来線は長野~直江津~金沢)の並行在来線で全駅乗下車をしてきました。 今回も、北海道新幹線が開業する前に、江差線の木古内~五稜郭で全駅乗下車してきました。次回以降、その模様をお伝えしたいと思っています。 また、それ以外に、2015年8月10日に実質的に廃止となる海峡線の津軽今別駅にも訪れています。 どうぞお楽しみに。