18ticket

青春18きっぷについて

もはや鉄道旅行の代名詞、鉄道好きはもちろん、一般人にまでも大人気の「青春18きっぷ」。この切符なくして全線乗車など語ることは不可能といってもよいほどです。

その魅力はなんといっても「価格」と「乗り放題」。予算の限られた旅行者、それも全線乗車のような「乗りまくり」の旅にはこの切符がなくてはなりません。

一方で、「使いこなす」には相当な鉄道に関する知識が必要。一般の方には利用難易度の高い切符であることは間違いありません。

ゆえに、青春18きっぷについて解説した書籍やウェブページは数多あります。当サイトでは、過去に20枚以上もの青春18きっぷを使用した経験のある大ベテランの筆者マサが、その使いこなし方を伝授したいと思います。

【切符の概要 2015年版】

名前:青春18きっぷ(せいしゅんじゅうはちきっぷ)
価格:11850円 ※平成26年の消費税率改訂で値上げされました。
発売期間:春版(2月20日~3月31日)、夏版(7月1日~8月31日)、冬版(12月1日~12月31日)
利用期間:春版(3月1日~4月10日)、夏版(7月20日~9月10日)、冬版(12月10日~翌年1月10日)
有効日数:5日間(5回分)
有効区間:JR線全線(一部の例外を除く)
有効列車:普通列車(快速等含む)のみ

年度によって変更される場合があるので、JR各社の発売情報をご確認ください。

さて、このページでは初心者向けに基本的な使い方についてお話したいと思います。

ちなみに、青春18きっぷは、切符の紙のサイズなどの問題で、自動改札機は通れません。その日最初に乗るときに、改札で日付スタンプを押してもらわなければなりません。無人駅の場合、車内もしくは途中の有人駅で申し出て押してもらう必要があります。ご注意を。押してもらったら、その日1日乗り放題というわけです。

 

どんな場合であっても、特急列車・新幹線には乗れない

18きっぷ初心者がまず最初に陥りやすいポイントです。重要ですからしっかり理解してください。まず、JR線には普通列車(乗車券だけで乗れる列車のこと、快速列車も含む)と特急列車(乗車券と特急券が必要な列車、新幹線や急行列車も含む)の2種類があることはご存知かと思います。このうち、青春18きっぷで乗れるのは普通列車のみです。

別途特急券を買ったとしても、青春18きっぷでは特急列車には絶対に乗れません。乗車券が必ず必要、つまり普通に買って乗るしかありません。

青春18きっぷのような、普通の乗車券ではない切符のことを「特別企画乗車券」というのですが、特急券を買ったとしても乗れないというのは、特別企画乗車券にはよくある制限事項の一つです。逆に、別途買えば乗れるタイプの特別企画乗車券もあります。切符ごとにルールが違うので、買う際には必ず確認してください。

超超超例外的に、特急列車(という名の実質普通列車)に乗れる場合もあるのですが、初心者にとってはかなりややこしいのでここでは割愛します。慣れないうちは「特急には乗れない」と覚えてください。詳しくは別ページを参照ください。

春・夏・冬のシーズンごとに発売、シーズンの持ち越しはできない

この切符は、年3回発売されます。発売期間と利用期間に10日ほどのずれがあるので注意してください。9月1日に乗りに行こうと駅へ行っても買うことは出来ません。また、季節の持ち越しはできません。使い切らないまま利用期間が過ぎたら、そのまま失効します。

切符は1枚で5回分、1枚の切符を複数人で使うことができる

切符はもちろん1枚単位で発売されますが、1枚の切符は5回分使用可能な状態で発売されます。1回分だけを買うことはできません。また、1度に同じ切符を数人で使うことが出来ます。たとえば、

・1人で5日間
・2人で2日間、1人で1日間
・3人で1日間、1人で2日間
・5人で1日間

など、様々な使い方ができます。但し日数が長くなればなるほど、1人1枚買ってしまうことをおすすめします。というのも、同じ切符を複数人で共用する場合、共用中は同一行程を組まなければならないという問題があるからです(別行程をとれば、切符は1枚しかないので「誰かが切符を持っていない状態」になることは分かると思いますが、無札乗車は当然犯罪です)。

その日最初に改札に入るときにスタンプを押してもらうわけですが、複数人で使う場合、このときに人数分押してもらえばいいわけです。なので、「途中の駅で合流する」という場合、最初に使う人は合流駅で一旦降りなければならないわけですね。入場券で入って列車内で押してもらう、といったことはややこしく面倒事に巻き込まれる原因ですのでやめましょう。無人駅ならその問題はないのですが。

乗れる路線はJR線のみ

当然なのですが、分かっていても陥ってしまう罠がここにあります。あなたは、JR線を全て言えますか?どこからどこまでがJR線か知っていますか?私は知っていますし、言えます。

では、どこからどこまでがJR線か知らない人が使ったらどうなるでしょうか。

「会社が違ったら、そもそも改札に入れないじゃないか。だから間違わない。」

本当にそうでしょうか。

日本全国に、会社同士の列車の乗り入れや、乗り入れしていない場合でも駅舎・改札の共有をしている駅は多数あります。

前者の例は、18きっぷで間違いやすい路線だと「伊勢鉄道(河原田~津)」や「智頭急行(上郡~智頭)」があります。

後者の例は、三重県下のJRと近鉄の共同使用駅(桑名、津、松阪、伊勢市、鳥羽)や埼玉のJRと東武の共同使用駅(越生、小川町、寄居)などがあります。

さて、鉄道にそこまで詳しくない、自信のない人が本当に間違わないといえるでしょうか?では、どうすればいいか。JR線がどこからどこまでであるかを知るしかありません。自信がないのであれば、せめて自分がこれから乗りに行こうとしている路線がJRかどうかは、必ず調べましょう。知らずに乗って追加運賃を払わされるのはあなたです。

こちらも2010年以降は、超超超超超例外的にJR以外に乗れる区間が発生したのですが、基本はまぁまず乗れないと思っていただいて間違いありません。詳しく知りたい方は別ページを。「青春18きっぷでJR以外に乗れる区間がある!

 

さて、長々とみていきましたが、乗り放題という単純な切符であるにも関わらず、非常に制約の多い切符であることがわかったと思います。

・普通列車だけ、特急券を買っても特急には乗れない。
・季節ごとに発売・利用期間が決まっている、秋はそもそもない
・複数人で使えるが、同一行程である必要がある。
・乗り入れしている場合でもJR以外には乗れない。

むしろ、この程度の制約で済んでいると考えるべきです。5回分が11850円なので、1日乗ったとして2370円です。この値段で1日乗り放題なのです。実際私は1日に平気で900km以上乗ったりしていました(大阪から仙台まで、など)。乗りっぱなしです。夜行列車を組み合わせれば1000km超えることもできました。

そんな格安の切符なのですから、利用条件はあって当然です。あなたが鉄道会社を経営していて、「1日2500円で新幹線も乗れて、日本中のありとあらゆる路線に乗り放題!いつでも使いたいときに使える!」という切符を販売したいと思いますか?しませんよね?大赤字です。

 

さて、青春18きっぷは間違いなく全線乗車には欠かせない切符です。20枚以上も使った私が言うのですから、それはもう絶対そうだと言えます。初心者への解説もほどほどに、コアユーザー向けにも、当サイトでは継続的に青春18きっぷの話題を熱く語っていきたいと思います。どうぞ今後ともお楽しみに。