railmap

全線乗車って?

まず、日本の鉄道は運営会社の違いにより、大きく2つに分けられます。

1つは、JR。全部で19876.7km(2015年4月1日現在)あります。重要なので、「約2万キロ」と覚えましょう。

もう1つは、私鉄。7723.2km(2015年4月1日現在)あります。

JRグループは、1987年まで日本国有鉄道という組織により運営されており、離島を除く日本全土に路線網を持つまさしく「国の鉄道」でした。現在でもその地位は大きくは変わっていません。

一方、日本には元国鉄以外にも多くの鉄道網・鉄道会社があります。公営団体により運営されている鉄道(たとえば地下鉄や路面電車など)もあるので厳密な定義ではないですが、ここではJR以外の鉄道会社をまとめて「私鉄」と呼ぶことにします。

また、JRグループも現在は国営ではない株式会社なのですが、その立場から別格のものとします。

”全線乗車”とは、早い話が、これらの路線に全部乗ろう、ということです。当サイトでは、特に「JR線」を中心に解説していきます。

なお、全線乗車と同義の言葉として、「完乗」や「乗りつぶし」といった表現も見受けられますが、当サイト内では「全線乗車」の表記で統一することとします。